魔の一球ほろ苦く
 

Back

 『ウエストが「暴投」銚商、浪商に散る』

八回表一死三塁。昭和三十六年八月十六日。 この年も甲子園は暑かった。
銚子商のエース藤本忠勝は、捕手小知和久のサインをじっと見つめた。
サインが盗まれないように三つ目に出すのが本物。
一つ、二つ...。そして三つ目はグー。
少なくとも藤本にはグーに見えた。グーはウエストボールのサインだ。

銚子商はこの年、県大会,東関東大会と順調に勝ち進み、甲子園にコマを進めていた。一回戦は、東京代表の法政一を延長十二回の末、ラッキーボーイ柴武利のサヨナラホームランで一勝をあげた。
そして、二回戦の相手が、二年生ながら剛球投手として全国にその名をとどろかす怪童・尾崎行雄を擁する浪華商(今の浪商学園)だった。
尾崎がどんなにすごいかというと、夏の甲子園が終わると、二年で中退して昭和三十七年、東映フライヤーズ(現在の日ハム)に入団。 新人王に輝く。

当然、浪商は柴田勲の法政二と並んで夏の甲子園優勝候補の筆頭だった。
その優勝候補に挑んだ銚子商が五回裏に先制して互角に試合を進めた。
1−1で迎えた八回、浪商はそれまで、強攻策で失敗していた。
回は終盤。「三塁走者をスクイズで迎え入れる可能性は強い」だれもがそう思った。だが、グーのサインでウエストボールを投げた藤本に皮肉な結果が待ち構えていた。ボールが藤本の手元を離れてもキャッチャー小知和が立ち上がらない。遅くはない藤本の球は、気付いて跳びつこうとした小知和のミットをはるかに越えてバックネットへ一直線。やっとボールに追いついた小知和が振り返った時には、三塁走者はホームベースを駆け抜けていた。これが決勝点だった。ぼう然として立ちつくすマウンドからホームベースに降りてきた藤本は問いかけた。「何で立たないんだ?グーだろ、ウエストだろう?」
「そうだったっけ....」
小知和は短く答えた。藤本には暴投したという認識がない。だが、結果的にはサインを確認しなかったのがミスにつながった。
試合は1−2で銚子商が負けた。翌日の新聞には「痛恨の暴投」という見出しが...。しかし、あの浪商を相手に競り合った試合をした評価は高かった。
浪商は、銚子商を下した後、中京商を14−0、夏−春−夏の三連覇を狙う柴田率いる法政二にも4−2、そして決勝でも桐蔭を1−0で下して深紅の優勝旗を手にする。

現在、ふるさと銚子で酒店を経営する藤本は当時を振り返った。
「負けてもともとだと思ったのが良かったのかねえ。力を出し尽くしましたよ。サバサバしていて悔し涙を流すやつはいなかったもんねえ」平成三年十月、甲子園出場三十年を記念して銚子近郊でゴルフコンペが行われた。あの時の仲間が全国から集まり、だれが言うでもなく話題はあの一球に。
ほろ苦い重いでは、髪に白いものが交じった男たちの酒の肴になった。
第43回(昭和36年)
一回戦 2−1 法政一
二回戦 1−2 浪商

(遊)関根 知雄
(三)柴  武利
(一)仲居 一雄
(左)藤原  進
(右)海上 良夫
(二)芝野 靖夫
(中)下田  平
(捕)小知和久明
(投)藤本 忠勝
   岡本 謙治
   田中 達彦
   岩瀬 研治
   小林  孝
   神原 昭男